空き家バンクとは

小山市内の空き家物件を
マッチング!

空き家バンクは、自治体が主体となって運営している住宅マッチングサービスです。
現在小山市内に住宅を所有されていて、売りたい(貸したい)をご検討されている物件を「空き家バンク」にご登録下さい。小山市に移住・定住目的別での物件をお探しの方に紹介します。また、様々な補助金制度などを利用すればさらに「得する」メリットがあります。まずは登録申請から。

空き家バンクご利用までの流れ

①空き家バンクに登録する
小山市で住宅をお探しの方も、現在小山市内に空き家をお持ちの方も、空き家バンクに登録申請が必要です。
②サイトの利用開始
住宅をお探しの方はサイトでお気に入り物件を見つけて交渉ができます。住宅売却(賃貸借)をご希望の方は、小山市にご相談下さい。高専コラボご利用や補助制度などのお得な方法をご説明。登録後、物件をサイトに掲載いたします。
③物件のマッチング成功
物件のマッチングの際の契約のやり取りは、専任媒介契約を結んだ不動産会社を介して行いますので安心です。

④補助制度の利用検討

④補助制度の利用検討

空き家バンクご利用のメリット

メリット1
補助制度を利用した空き家バンクの活用
メリット2
登録物件は不動産会社との専任媒介で契約
メリット3
小山市を通して安心・安全性の高い物件を紹介
メリット4
小山高専建築学科とのコラボレーションで住宅の価値UP+魅力再発見
空き家バンクに登録

補助制度の内容

空き家バンク利用促進補助制度

小山市空き家バンクに登録した物件で、その所有者及び移住・定住などを目的として利用者登録した方が実施する、「リフォーム工事」や「家財道具の処分」に対して補助金を交付します。
その他、空き家管理・建物現況調査(ホームインスペクション)・媒介報酬などの補助制度がございます。お気軽にご相談下さい。

リフォーム工事

補助の対象
住宅の安全性や居住性、機能性等の維持向上のために行う改修工事。(経費の総額が20万円以上)
補助の金額
補助率 2分の1 / 限度額 50万円
申請期間(物件登録者)
売買契約日または賃貸借契約日から2年以内
申請期間(利用登録者)
売買契約日または賃貸借契約日から2年以内

家財処分

補助の対象
住居内の家財処分。併用住宅の場合は居住部分に限ります。(経費の総額が5万円以上)
補助の金額
補助率 2分の1 / 限度額 10万円
申請期間(物件登録者)
売買契約日または賃貸借契約日から2年以内 
申請期間(利用登録者)
売買契約日または賃貸借契約日から2年以内

空き家管理

補助の対象
登録物件の外観確認及び点検、修理手配、清掃建物内部の通気・換気・通水、敷地内の除草・庭木の手入れに要する経費
補助の金額
補助率 2分の1 / 限度額 1万円
申請期間(物件登録者)
登録物件が空き家バンクに初めて登録された日から起算して2年以内
申請期間(利用登録者)
※対象外

建物現況調査
(ホームインスペクション)

補助の対象
登録物件の建物状況調査に要する経費
補助の金額
補助率 2分の1 / 限度額 5万円
申請期間(物件登録者)
登録物件が空き家バンクに初めて登録された日から起算して2年以内
申請期間(利用登録者)
※対象外

媒介報酬

補助の対象
登録物件の売買または賃貸借の代理または媒介にあたり、媒介業者に支払った報酬
補助の金額
補助率 2分の1 / 限度額 10万円
申請期間(物件登録者)
売買契約日または賃貸借契約日から60日以内
申請期間(利用登録者)
売買契約日または賃貸借契約日から60日以内

※共通要件概要

  1. 1.「リフォーム工事」、「家財処分」及び「建物状況調査」の着手前に申請が必要です。
  2. 2.市税等の滞納のない方。
  3. 3.登録物件所有者の3親等内の親族でない方。
  4. 4.補助金の交付を受けた日から起算して5年以内に登録物件を取り壊し、または空き家台帳の登録の抹消がないこと。(物件登録者)
  5. 5.補助金の交付を受けた日から起算して5年以内に転居または転出しないこと。(利用登録者)
  6. 6.「リフォーム工事業者」、「家財処分業者」及び「空き家管理業者」は、市内に事務所・事業所がある法人、または市内に住所がある個人事業者に限ります。
  7. 7.補助の種類ごと、1住宅1回限り、1申請者1回限りとします。
  8. 8.偽りや不正な手段で交付決定を受けた場合、交付決定を取り消します。